例会活動報告書

クラブ名

網走RAC

例会NO

2017-2018年度9月2回目

日 時

平成 29年 9月 14日(木)

開始  20時 ・ 終了   21時30分

例会会場名

網走RAC事務所

プログラム名

9月緊急例会

担当委員会

理事会

ゲスト


記載者名

会長:立花健

※出席率

  15名中   4名出席    出席率  26%

例会内容

9月14日(木)
緊急例会を開催しました。内容は、メインとしてオホーツク網走マラソン大会に出場する東海林会員が着るユニフォームデザイン決定!
地区大会進歩状況!
陸別スターライト例会改めおけっとスタート例会のネーミング、日程決定!でした。まぁ緊急でしたのでしょうがないですが出席率が悪すぎて書くのも躊躇うほどでしたが今年度初めて出席した会員も居たのでその点は良かったと思ってます。地区大会の進歩状況は、現状のホテルとの打合せ内容、プログラム案などを報告し実行委員長が例会に不在な事が多くその他の会員で動いて行くなど意見交換を行いました。
会員同士の意見交換、コミュニケーションの為にも先ず出席が大事だと改めて思いました。おけっとスタート例会の日程は、11月25日にずらす案も有ったのですが他クラブの都合を考慮して12月2日と決定致しました。名前は、東海林委員長が決める事になりました。ユニフォームに関しては、シンプルなものを用意する事にして 手書きの方が味があるという事で立花が思いを乗せてユニフォームを手作りする事になりました。以上報告でした。


その他

※感想・反省点などの特記事項

昨年度からの課題ではありますがとにかく出席率が悪すぎるので参加してもらうようにクラブ運営を行っていきたいです。


例会活動報告書

クラブ名

網走RAC

例会NO

2017-2018年度9月第一例会

日 時

平成 29年 9月 10日(日)

開始  9時10分 ・ 終了   時分

例会会場名

美幌スポーツセンター

プログラム名

9月第1例会 ローターアクトの日例会

『ローターアクトの日』

担当委員会

地区及びブロック代理

ゲスト


記載者名

幹事:松野修大

※出席率

15名中  2名出席    出席率  13%

藤崎、大友

例会内容

 ローターアクトの日として『ユニバーサルデザインスポーツ』をテーマとしたフロアカーリング体験を行ないました!斜里から2名北見から3名美幌から7名網走からは2名が参加し、3チームに分かれて試合形式にて体験を行ないかなりの激闘を繰り広げました!網走クラブとしても今後の例会のヒントにしたいと思いました。

 来年は何をするのでしょうか楽しみです!立花会長は、札幌で花火を観て遊んでたようですが、、、


その他

※感想・反省点などの特記事項

クラブ活動と共に大切な地区活動とブロック活動にお馴染みのメンバーだけでなく積極的参加が必要であると思いました。


例会活動報告書

クラブ名

網走RAC

例会NO

2017-2018年度9月第3回目

日 時

平成 29年 9月 24日(日)

開始   8時00分・ 終了  16時00分

例会会場名

網走市大曲湖畔園地特設会場

プログラム名

9月第2例会 青団連事業例会

『網走青年団体連合会事業:海と大地の収穫祭』

担当委員会

クラブ・国際奉仕委員会 委員長:東海林和滉

ゲスト


記載者名

会長:立花健

※出席率

15名中  8名出席    出席率  53%

立花、松野、門別、伊藤、東海林、藤崎、石村、原

例会内容

平成29年9月24日日曜日
網走市内で行われました「うみと大地の収穫祭」のスタッフとして参加させて頂きました。ふわふわドーム、ドリンクブース、当日券売り場と担当に分かれてお手伝いさせて頂きました。朝8時に集合(立花は、朝5時起き)準備から片付けまで参加したメンバー一人一人頑張っておりました。今大会は、過去最高の来場者数だったと聞いてます。ドリンクでは、コーラ、ビールが無くなると言う事も有りましたが子供たちやランナーの方、市民の方との触れ合いにより沢山の笑顔を見れた事が何よりの経験でありアクトに入って良かったと思える機会だったと思ってます。そして、クラブ国際奉仕委員長東海林会員がフルマラソンに挑戦!立花会長自作のアクト会員増強広告Tシャツを着て無事完走しました!リンちゃんお疲れ様です!!日本一緩いクラブと噂の親睦活動が大きい比率を占めている我が網走クラブですが今回のように貴重な社会奉仕の活動も大事にして行ければと思います。以上報告でした。


その他

※感想・反省点などの特記事項

若い会員の中に朝の挨拶ができない会員も居たのでそう言った社会人としてのモラル礼節を今後の活動の中で学んでくれればいいと思います。